リドスプレーの効果持続時間は?使い方、成分に見る副作用の可能性

リドスプレー

今回は、リドスプレーを使用した人の口コミレビューを中心に成分・副作用、使い方など気になるポイントを紹介していきます。

 

 

リドスプレーの効果

早漏は、交感神経の性感度が敏感で射精までの時間が自立的意志ではコントロールできないことや、興奮上昇のアドレナリンが過剰分泌されていることに原因があります。

リドスプレーの主成分であるリドカインは局部麻酔の効果があり、脳からの射精伝達を遅らせる効果があります。リドカインは神経繊維のナトリウムチャネルに結合し、ナトリウムの透過を阻害します。

その結果、活動電位の発生を抑え神経伝達を遮断することにより、局部麻酔作用が効果をもたらし始めます。

 

悩みの原因に直接効く成分が配合されています。

 

  リドスプレーの良い口コミ

今のところ効果を実感しながら使っています。

使っていない頃は数秒とかせいぜい30秒とかの相当な早漏状態でした。

スプレーすると長くて1時間も続けていられます。迷うことなく続けて使うことに決めました。実力は私が知る限りはずば抜けてNo.1だと思います。

 

多くの方が効果抜群、又は、自分のイチモツに自信を持った!との口コミが圧倒的多数です。

 

 

リドスプレーの悪い口コミ

・初回の時は割とよかったのでリピートしたけれど、2回目はあまり効果を感じられませんでした。非常に残念です。

 

・ソー〇ランドの経験で、期待外れの感想です。ですが、はっきりと効果なしの結果ではなさそうです。

 

何百の良い口コミの一方で、効果に疑問の声もあります。でもそれの大半が当事者の体調やリドスプレーの使い方によるものです。

これについて、以下で説明します。

 

リドスプレーの正しい使い方・使用方法

性交渉の30分前ぐらいに陰茎全体(亀頭やカリの根元、裏筋など敏感部分は念入りに)にスプレーを吹きかけ、約15分~20分放置します。

初めて使用する方は、少量から使用してください。亀頭部のカリから、裏の筋部に2cm程度に近づけ、「シュッー・シュッー」2~3回吹付け、10~20分浸透させます。

その後、敏感部の感覚のマヒの効き目を感じてきましたらシャワーで洗い流してください。多量を噴霧してしまいますと、リドカインの麻酔効果により感度が著しく下がる可能性がありますので注意が必要です。

麻酔効果は女性にも影響(苦みや膣のマヒ)が出ますので、成分の浸透を感じましたら、シャワーで洗い流すかコンドームを使用して性行為を行ってください。

 

使用の際は何度も読んで、最大限の効果を引き出してください。

 

リドスプレーの効果持続時間は?

効果持続時間は、正しい使い方では、30分から1時間以上持ちます。

挿入後射精まで30分あれば女性のほとんどが満足の域に達します。

楽しいひと時をお過ごしください。

 

 

りドスプレーの成分解析!

リドスプレーに配合されいる主成分は、リドカインと呼ばれる物質です。リドカインは、医療関係に多く利用されており「局所麻酔成分」として知られています。

リドカインは、水に溶けないため塩基物として利用されています。リドカイン麻酔効果のメカニズムは、概略ですが、神経細胞のイオン透過を不活性化し、神経伝達を遮断し、皮膚感覚をマヒにするのです。

強力な麻酔効果があり、ペニスには、敏感部のみを狙うとよいです。粘膜や皮膚感覚を一時的に麻痺させます。

 

ヨヒンビンは、血管壁に分布する受容体遮断作用だけでなく、交感神経系に分布するα2受容体遮断作用で勃起不全に効果があると言われています。

根拠は不充分とされていますが、作用としては、生じた興奮を減弱させる因子を遮断するように働くと考えられています。

ヨヒンベ抽出物は、性的不能治療サプリメントとして流通しています。また、エチル-テストステロンと呼ばれている物質は、男性ホルモンの一種で筋肉増強の薬物でもあります。

 

非常に強力な成分が配合されています。

 

リドスプレーの副作用の心配は?

リドスプレー使用に際しては、若干の副作用がある旨が公式に注意喚起されています。具体的には、以下のような副作用の例です。

眠気、下痢、頭痛や吐き気、動悸(どうき)、痙攣(けいれん)、感覚異常、中折れ

 

主成分のリドカインは過剰に使いすぎると、吐き気や痙攣(けいれん)といった副作用が起きる危険がありますので、過度な使用は厳禁です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)