小室哲哉とkeikoの間に子供はいる?誰?名前はことりと噂だが・・・

どうも、ジュンです。

不倫報道で渦中の小室哲哉さん。現在の奥さんであるKEIKOさんとの関係をまとめていきたいと思います。

小室哲哉とKEIKOの間に子供がいる?

コチラの記事でも紹介しましたが、KEIKOさんとの間には子供はいません。小室哲哉さんの血が通った唯一の子供は、二回目の結婚の時に授かった吉田麻美さんとの娘さんだけです。

名前は琴梨と書いて、ことりさん。2018年現在、彼女はもう高校生になっています。吉田麻美さんはその後、再婚をしていませんから、女手ひとつでシングルマザーとして子育てにいそしんでいるようです。

まぁ慰謝料もがっぽりもらったし、養育費も毎月200万円入ってきますからね。余裕の生活でしょう。吉田麻美さんは自身も音楽活動やデザイナーとして活動していますから、副収入もあります。

 

小室哲哉が最終的にKEIKOを選んだ理由

小室哲哉はバツ2。バツがそれだけついていますから、そもそも結婚には向いていない性格の男性と思いがちですが、人生の伴侶と言うべきカタい信頼関係にある女性を最終的には奥さんにしました。

それが、KEIKOさんです。

KEIKOさんと結婚した途端、小室さんは人が変わったようにKEIKOさんにデレデレでした。

スポンサードリンク

堂本兄弟という番組で、「大事な事を3つ答えてください」という質問で即答で「KEIKO」と答え、その後も恋愛といえばKEIKO、結婚と言えばKEIKO、とKEIKOさんの名前を連発します。

しまいには「家では(僕は)甘えん坊なんです。赤ちゃん言葉とか使っちゃったりして・・・」と、いい歳こいたオッサンが言っちゃってました。

小室さんがひとりで番組に出演すると、必ずKEIKOさんの写真を出したりと、仲の良さアピールがすごかったです。

2008年に小室さんが詐欺で逮捕された際は、KEIKOさんとのエピソードが連日報道されました。

・小室さんは、スタッフの給料は払わないくせに、妻には35万円のワインを飲ませる。

・高級なプレゼントをKEIKOに渡す。「KEIKOに1000万円渡したい」とも言っていた。

情報番組で、テリー伊藤さんが「小室さんは前に、『お金はないけど、良い嫁がいるからいい』と言っていた。」とコメントしていて、仲の良さは相変わらずだったようです。

執行猶予の判決後、出演した番組では「妻がいなかったら、今僕はここにいないと思う」と語り、司会のみのもんたさんに「60歳過ぎると女房がもっと大事になりますよ。大事にしてあげてください」と言われた小室さんは笑顔で「はい、誓います」と結婚式の誓いのように答えました。

2011年にKEIKOさんはくも膜下出血で倒れてしまいますが、小室さんはその後もずっとKEIKOさんを支え続けています。

正直、KEIKOさんは結婚したあたりから太ったりして、テレビに出るたびネットでもその容貌の変化が話題になっていました。

しかし、小室さんのKEIKOさんを見る目はいつも温かく、デレデレ。

かわいさではやっぱり華原朋美の方が・・・と思ってしまいますが、なぜ小室さんはこんなにKEIKOさんを好きになったのでしょうか?

KEIKOのどこに惚れたのか?気になりますよね。

逮捕前に出演した「オーラの泉」という番組で、小室さんは霊能者である江原さんに「とても孤独な人生を送ってこられた」と言われています。

よく今まで生きてたね、というレベルで孤独だったそうです。

父親と仲が悪かったみたいですが、母親もいたようですし、なぜそこまで孤独だったのかは語られていませんでしたが親の愛情には間違いなく飢えていたのでしょう。

番組の中で小室さんは「僕は今の家では、完全に子供」と言っていました。家で赤ちゃん言葉を使っているぐらいなので、マジで子供なのでしょう。

KEIKOさんとご飯を食べているシーンが映っていましたが、KEIKOさんが小室さんに対して「よかったねー?」と言っていました。

文脈はわかりませんが、母親が子供に話しかけるようなトーンでした。

つまり、愛情に飢えた小室さんは「母親」を求めていました。KEIKOさんが初めて、小室さんに対し母親のようになってくれたのでしょう。

華原朋美さんはむしろ、小室哲哉さんよりも子供でした。小室さんに彼女は父親のようなものを求めていたことでしょう。しかし、それは無理な話ですね。なんせ小室さんは赤ちゃんですから(笑)

dosのASAMIさんも、母親という雰囲気はなく、ちょっと影のある今風の女性という感じでした。朋ちゃんは小室さんより16歳下、ASAMIさんは17歳下です。

さらに、KEIKOさんは子供を作りませんでした。小室さんのようなタイプは、自分自身が子供でいたいので本当の子供なんて欲しくないでしょう。KEIKOさんはそこを理解して、子供は作らない選択をしたのではと考えられます。

小室さんにとって、KEIKOさんがどう太ろうが顔が変わろうがオールOKなのです。だってKEIKOさんは母親。オンリーワンの大切な存在なのです。

自分が本質的に求めている精神的な部分を満たしてくれたのがKEIKOさんだっだということですね。

KEIKOさんはいくら小室哲哉さんが借金を抱えたり、人生落ち目になったとしても、ずっとずっとそばにいて彼を支え続けました。

スポンサードリンク

それは「金の切れ目が縁の切れ目」とは真逆の態度でした。

 

事業で失敗しても支えるKEIKO

今でもRojam時代のスタッフ同士で集まり、同窓会イベントなどが開催されているなど、必ずしも黒歴史というわけでもなかった事業ですが、結果的には、小室哲哉さんの財産がすっからかんとなる原因となりました。

日本での活動の行き詰まりなども影響していたのでしょうが、小室哲哉さんはアジアを中心に活動する総合音楽プロダクション「Rojam」を立ち上げていた時期もありました。事業の立ち上げ段階から、プロデューサーを50人雇い入れるなど、アジア制覇に向ける小室さんの熱意は本物だったと言えます。

しかし、2001年に香港のベンチャー株式市場である「GEM」にRojamを上場したことが、小室さんの破滅の遠因となりました。上場2週間でRojamの株価が暴落し、事業自体も10億円単位の赤字を叩き出す苦境に陥った小室さんは、この時期に100億円と言われた資産を溶かしてしまったと言われています。

小室さんがオーナーとしてのRojamの活動期間は、1998年から2004年の7年間で終わりを告げます。2004年に吉本興業の子会社となったRojamですが、現在は外資に売却されているようですね。

イケイケの時って周りが見えないんですよね。「なんでも成果が出るんじゃないか」と思ってしまうんですよ。それが落とし穴。

そして、さらにお金を持った人間が陥りがちな事態に小室哲哉さんも陥っていきます。

盛期に買った高級車を売却して資金繰りをしているなど、小室哲哉さんが困窮している状況が伝わってくる情報が、週刊誌から漏れ始めた時期でもありました。

事業の失敗で全盛期の蓄えを失い、本業のプロデューサー業はヒットが出ずに苦戦中という逆風の中でも、小室哲哉さんには、全盛期のヒット曲の印税という虎の子が残っていました。1990年代のヒット曲群の遺産から生まれるカラオケ印税などは、当時でも年2億円程度はあったのではないかと、芸能メディアでも推測されていました。

しかし、全盛期の生活水準を落とせずにいた小室さん夫婦は、収入を上回る支出が続くという典型的なセレブの転落パターンを辿ることになります。これに関しては、妻であるKEIKOさんが豪華な暮らしを望み、金欠であることを小室さんが言い出せなかったという事情もあったようですね。

豪華な生活を続けるために、資金繰りに四苦八苦していた小室哲哉さんは、前妻・吉田麻美さんへの養育費を滞納するという苦境にまで陥ります。

2005年に吉田さんが週刊誌に告発したことで発覚した問題ですが、2004年8月には、小室さん側からの養育費や家賃の支払いがストップしていたようです。そのため、吉田さんは小さな娘を連れて、マンションを引っ越す憂き目にあうなど、かなり苦労されたようですね。

小室さんとKEIKOさんの不倫により離婚に追い込まれた挙句、離婚して数年目には養育費などが不払いになるという仕打ちを受けた吉田さんの怒りは、大きかったことは言うまでもありません。吉田さんは、弁護士を立てて、小室さんの印税収入の一部を差し押さえるという強硬手段に出ます。

吉田さんに印税収入の一部を差し押さえられたことで、小室さんの収入は半減してしまったと言われていますが、こればかりはまさに自業自得と言える結末だったと言えますね。

年2億円の権利収入をもらっていても間に合わないって異常ですよね。。。どれだけ成功したとしても、いつまでもその状態が続くとは限りません。

というか、ほぼほぼ続きません。ですから、生活レベルを上げることってのは絶対にしない方がいいですね。質素倹約かだからこそ、お金持ちというものです。

 

ついには逮捕・・

小室哲哉さんの減刑のために奔走した音楽関係者の中には、TM NETWORKのメンバーである木根尚登さんや宇都宮隆さんなどもいました。

小室ブームの終了と共に、多くの取り巻きが去って行ったと言われている小室さんですが、昔からの音楽仲間の友情だけは不変だったようですね。

5億円詐欺事件に関しては、シンプルに言ってしまうと著作権詐欺の一種であり、小室哲哉さんの社会的な信用を悪用したと言える、結構悪質な事件でもありました。

借金返済に苦しんでいた小室は自作した曲の著作権を”売却”することを思いつく。小室は関西在住の個人投資家の男性に、全著作権を10億円で買わないかと持ちかけたという。交渉はいったん成立し、手付け金として後日、小室には5億円が支払われた。

実業家男性Aさんと上記のような契約を交わしても、借金苦の小室さんには、既に楽曲の著作権の大半がないという実情でした。当然の如く、Aさんとの間でトラブルとなり、小室さんが6億円の解決金を支払うことで、騒動は一旦解決します。

しかし、借金返済のためにこういった騒動まで起こす経済状況の中で、6億円の解決金を支払えるわけがないのは言うまでもないことです。期限が来ても解決金を支払うことが出来なかった小室さんは、解決金の不払いを理由にAさんに告発され、2008年11月に警察に逮捕されます。

旧知の音楽関係者が奔走したことにより減刑され、執行猶予5年で済ませることができました。

この後、KEIKOさんは病に倒れます。それでも、ずっとずっと小室哲哉さんの隣にいて、彼を支え続けました。

そんな関係だからこそ、小室哲哉さんとKEIKOさんは深い絆で結ばれているんですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です